いちご狩り 日帰り・宿泊バスツアー 特集

日本最大級の
バス比較サイト

いちご狩り バナー

冬のバスツアーと言えばイチゴ狩り!食べ放題に食べ比べ、甘くて美味しいもぎたてフレッシュを許す限り堪能できます!
「とちおとめ」や「スカイベリー」など有名品種もバスツアーならお手軽に楽しめます♪

  • いちご狩りバスツアーの時期
  • いちご狩りの食べ放題バスツアー
  • いちご狩りバスツアーで食べられる品種
いちご狩り 背景
\どこから出発しますか?/

いちご狩りバスツアーの時期

いちご狩り①

甘酸っぱくビジュアルもキュートな「いちご」は果物の中でも大人気。バスツアーでは、いちご狩りを含むプランが多く催行されています。

いちごの旬は12月~5月と長めですが、品種ごとに収穫時期や最盛期が異なります。

いちご狩りの食べ放題バスツアー

いちご狩り いちご②

甘酸っぱいいちごをその場で堪能できるいちご狩り。バスツアーでは、好きなだけいちごを食べられる「食べ放題」を実施していることがほとんどです。

食べ放題にいちごを使ったスイーツが含まれるプランや、いちご狩りの後にデザートビュッフェに参加できるプランもあります。

30分~1時間程度の時間制限が設けられていることが多いので、制限内で食べきれる量を摘み取るようにしましょう。

いちご狩りバスツアーで食べられる品種

日本におけるいちごの品種は300種類以上とされており、大きさや色合い、味などもさまざまです。

いちご狩りバスツアーが催行される都道府県や農園によっても、食べられる品種は異なります。農園によっては約5種類~15種類と複数の品種を栽培しており、食べ比べできるプランを実施しているところも。

以下では、代表的ないちごや変わり種の品種を紹介します。

スカイベリー

スカイベリー

「とちおとめ」で有名な栃木県生まれの新たな品種です。なんといっても大きな粒が特徴的で、甘みと酸っぱさのバランスが程よく取れた味わいが広がります。12月~5月が収穫時期で、3月までが最盛期とされています。

あまおう

あまおう

いちごの品種として有名な「あまおう」は福岡県で生まれました。「あかい・まるい・おおきい・うまい」の頭文字を取り「あまおう」と名付けられた背景があるほどで、その味は絶品。
大きな実は鮮やかな赤色と艶、バランスが取れた甘さと酸味が自慢です。あまおうは11月~5月と収穫時期が長く、最盛期は3~4月です。


紅ほっぺ

紅ほっぺ

静岡県で生まれた「紅ほっぺ」は「中まで真っ赤で、ほっぺが落ちるほどおいしい」ということから命名されました。人気品種の「章姫」と「さちのか」の交配で生まれただけあり、縦長で甘酸っぱい味わいが魅力的。12月~4月が収穫時期で、2月が最盛期です。

白いちご

白いちご

いちごといえば艶のある赤い色が特徴ですが、最近では「白いちご」の人気も高まりつつあります。「パールホワイト」や「真珠姫(しんじゅひめ)」、ひときわ真っ白で大きな粒の「天使の実」、やや赤みがかった「コットンベリー」など、品種もさまざま。

白いちごは一般的ないちごの味とは違った味わいを感じられます。収穫時期は品種ごとに異なりますが、12月~4月と冬から春にかけての時期であることが多いです。

章姫

章姫

静岡県で生まれた章姫は「久能早生(くのうわせ)」と「女峰(にょほう)」を交配した品種です。名前は育成者である萩原章弘氏から取っています。縦に長い円錐形の実で、どちらかというと甘みが強く、噛むと果汁があふれるジューシーさが特徴です。収穫時期は12月~5月で、最盛期は2月~4月です。

黒いちご

黒いちご

白いちごに続き、新たないちごの種類として登場したのは「黒いちご」です。一般的には千葉県産の品種「真紅の美鈴」を指しており、2015年に品種登録されました。「黒」といっても真っ黒というわけではなく、深紅のシックな色合い。味わいは高い糖度が特徴的です。
12月~4月が収穫時期で、1・2月が最盛期とされています。

ご利用について

  • バス比較なびは、高速バスとバスツアーの情報を検索・価格比較するサービスです。高速バスとバスツアーの情報は各サイトから集めて掲載しておりますが、変更になっている場合もあります。正確な情報は各会社にご確認ください。
  • 当サイトでは、ご予約・販売等は行っておりません。ご予約・空席案内・詳細等は、各会社にお問い合わせください。

バスの安全に関する情報

▲ ページトップへ